【WAC2011】エアロプレスチャンピオンのレシピ

494 views

ワールドエアロプレスチャンピオンシップ2011で見事優勝したジェフ ヴァレレンさん(ベルギー)のレシピです。このジェフさんは2010年3位、2011年優勝、2013年優勝、2014年3位と、何度も入賞している凄腕のバリスタです。

今回優勝したレシピの特徴は3つ。

  • アップライトと粗挽きという珍しい組み合わせ
  • 混ぜない
  • 全部を抽出しきらない

かなり詳細なレシピなのですが、ちょっと複雑な英語で説明されているので意訳を含んでいます。しっかりと再現したい方は引用元を参照してください。

コーヒー17g
挽き方粗挽き
湯温と湯量80℃ 270g
使用方法アップライト
フィルターペーパーフィルター
抽出時間
  1. ペーパーフィルターをお湯に濡らし、フィルターキャップをチャンバーにしっかりと取り付ける。
  2. ドリップよりも若干粗めに挽く。
  3. 270gの軟水を80℃に温める。
  4. フィルターの上にお湯を少量かけてからコーヒーを入れる。
  5. 40gのお湯を少しずつ入れる。
  6. 約30秒後、残りのお湯を慎重にかける(コーヒー全体を濡らし、粉がお湯と分かれないように。細口のケトルでやると良い)
  7. 1/4のお湯が落ちるか、1分待つ。
  8. 残りのお湯の半分を優しくプレスして落とす。
  9. 50g程度を残して抽出完了。
  10. カップに移して完成!

引用元:World AeroPress Champion Recipes

淹れてみた感想

今回使用した豆はコロンビアの中煎り。自分で手網焙煎をした豆です。写真とは違いますが、ピーベリーだけを集めて焙煎したものです。

コーヒー豆

レシピが複雑…

レシピがいろいろと注釈入りの解説になっていて、少し複雑です。特にフィルターを濡らす段取りを詳細に解説されていますね。

再現する場合にはあまり気にせず、リンス→豆→40g→30秒→230g→1分→プレスで良さそうです。

プレスの時間は平均的な30秒としました。

50gを残すためには液面が①の下辺くらいで止めるといい塩梅です。

クリアな味わいのお茶ライクコーヒー

クリアなコーヒー

出来上がりは200cc前後。

透明感のあるクリアなコーヒーになりました。少しお茶のような印象も受けます。人によっては薄いと感じてしまうかも。ちょっとコクが足りないような感覚は否めません。

今回の豆ではあまり香りは出ませんでした。香りの強い豆で出せばきっと爽やかに香ってくれそうです。

ごくごくと飲めてしまう軽い味わい。朝淹れるのにぴったりなレシピですね。

関連記事